フォルトゥナの瞳

2019年11月30日
0
0
まぁまぁ面白い
58点

「永遠の0」などの百田尚樹の原作を映画化。

フォルトゥナの瞳




幼い頃、飛行機事故に遭い両親を失った木山慎一郎は、死期が迫った人が透けて見える体質になっていた。ある日、携帯ショップで出会ったあおいの死期を知ってしまった彼は、勇気を出して彼女を死の運命から逃すことに成功する。だが、代わりに彼の体には異変が起こっていた。そんな中、慎一郎とあおいは付き合いをはじめて……。

題材は面白いし、役者さんもみんないい演技をしているんだけど、いかんせん演出とのバランスがとても悪い。
なるべくファンタジー色を抑えて、淡々と日常を描くやり方は、このあまりにも作り込まれた不自然な話には合わない。
逆に不自然さが妙に目立ってしまい、マイナスになっていると思った。

ちょうどよく理解者が出てくるのも、憎むべき相手が死ぬ運命にあるという展開もどうかと感じた。
オチも結構、前半の段階で読めてしまうし、さらに後出しじゃんけんのようなことをしてくるのでいまいち。
これで泣けと言われても、冷めちゃって泣けない。

※ほか、ちょっと。
・神木君の自然体の演技はやっぱりいいなぁと思った。
・金田君役の志尊淳のインパクトがすごい。
・もし自分がこの立場だったらと考えると怖い設定ではある。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.