影裏

2020年03月02日
0
0
まぁまぁ面白い
63点

「るろうに剣心」などの大友啓史が岩手を舞台に撮ったヒューマンドラマ。

影裏



本社から盛岡営業所に異動してきた今野は、なれない田舎の環境になかなか馴染めないでいた。だが、そんな彼に親しく接してきた日浅に、彼は徐々に心を開いていく。しかし、ある日、唐突に日浅は会社を辞める。それでも、友達として接する今野。そして二人はそれぞれの場所で震災に見舞われる……。

綾野剛と松田龍平の掛け合いは新鮮でとても面白かった。
二人とも上手いので、妙な空間ができあがっていていい。

話もほどほどにミステリーで、物足りなくは感じるものの決して悪くはない。
ただ、わざとなのかやけに冗長なので、退屈に感じる人はいるだろうなぁと思った。
前半が典型的な地元PR映画になってしまっているのも、引きの部分として失敗だと思う。
地元の祭りや景色、店、酒、訛り、その土地のよさとか、かなり押しつけがましく見せられるので、正直、しらけてしまった。

「るろうに剣心」が大ヒットしたため、大作アクション監督に見られがちな大友啓史だが、ドラマの「龍馬伝」や映画「3月のライオン」など、じわじわと見せるのもじつはとても上手い。その力がこの映画では発揮されていない、と言うか、なんか空回りしてしまってる。
もっと面白くなる要素がたくさんあるだけに、残念だ。

※ほか、ちょっと。
・「楽園」とか「怒り」とか綾野剛はこの手の映画の出演が多いなぁ。
・中村倫也、ヤスケン、國村隼と、ワンシーンだけ出てくる俳優さんがみんな上手い。
・震災の話にしなければならなかったのか、個人的には疑問。
・ANIPLEXが配給していたのは、ちょっと驚きました。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.