日本で一番悪い奴ら

2020年05月06日
0
0
おススメの一本
70点

白石和彌が綾野剛を主演に描く警察の内幕もの。

日本で一番悪い奴ら



柔道の腕を買われて北海道警に就職した諸星は、周りの刑事たちのあくの強さに困惑していた。そんななか、先輩の指導により彼は暴力団との癒着に成功、次第に点数を稼ぐことを覚えていく。やがて手柄を上げ続けた諸星は、すすきのの顔となり、署内でもエースともてはやされる存在になっていた。しかし、そこで手掛けた大きな事件が失敗し、彼は転落していくこととなり……。

アウトレイジが「全員、悪人」だとしたら、この映画は「全員、クズ」。
そのクズっぷりは徹底していて、むしろ観ていて清々しく心地良くなっていくほどだ。
主人公に躊躇がなく、陽気にどんどんクズになっていくのも愉快。
クズとして成り上がっていく様子は、とても楽しい。

その反面、後半の落下ぶりは悲惨のひと言しかなくなる。
何もかもを失うだけでなく、さらにその下へと主人公はとめどなく堕ちていく。
そしてどこまでも続く地獄の様子を、白石和彌は容赦なく徹底的に描く。

最後の最後に「北海道警に恩を返したい」と語る姿は、あまりにも痛々しかった。
事実かどうかは別にしても、なんか納得させられたし、圧倒された。

※ほか、ちょっと。
・太郎役のYOUNG DAISの演技がとてもいい。
・「孤狼の血」といい、これといい、東映と日活共同の警察映画はなかなか面白い。
・昇り詰めていく前半は本気で楽しいです。
・綾野剛のラリッてる姿は衝撃的だった。
・白石和彌は本当にピエール瀧のことが好きなんだな、と思った。
・ちなみに、出てくる女もみんなクズです。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.