聖の青春

2020年05月14日
0
0
おススメの一本
77点

将棋棋士・村山聖の人生を描いた人間ドラマ。

聖の青春



27歳の村山聖は誰もが認める関西の代表的な棋士だったが、じつは膀胱がんにかかっていて余命が少ないと言われていてた。勝負にすべてを賭けて挑む村山が、心から願うのは、天才と名高い羽生善治と戦うこと。しかし、病気はどんどんと悪化していき……。

村山聖の勝負に賭ける執念が、まるで画面から伝わってくるようだ。
彼は難病を抱えているが、それをどうとも思っていない。
病気と闘う暇があるなら、その時間に将棋を指して勝ちたいと彼は思うからだ。

それでも病気は確実に彼をむしばんでいく。
でも、彼が態度を変えることはない。ひたすら前へ。将棋の道へ。
将棋に生きる、という言葉が彼にはぴったりと合っている。

彼を支える周りの人たちもまたいい。
「よう、もう死んだのか?」と軽口を聞いてくれる師匠。
奨励会で苦しみ、時には聖にも突っかかってしまう江川。
そして、実力を認め、共に高みを目指せる相手として接してくる羽生善治。
聖が淡い恋心を抱く本屋の店員さん。
彼らを相手にして、聖はなおも輝きを増していく。

決して孤高の天才ではなく、むしろ地を這うような泥臭い人間だからこそ、聖を応援したくなる。
こういう人間性に、大阪という土地柄がまたよく似合っている。

演技で言うなら、松山ケンイチがこんなに上手いとは思わなかった。
焦り、じれて、落ち着かない姿を見事に演じ切っている。
対する東出くんもすごい。本当に天才、羽生善治に見える。
二人が夜の定食屋で話すシーン、そして対局のシーンは絶品だった。

とても男くさい、熱い映画だと思う。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.