Alone/アローン

2020年05月14日
0
0
観ておきたい一作
78点

アーミー・ハマーが主演したサバイバルホラー。

Alone/アローン



戦争中、暗殺計画に失敗したマイクとトミーは命からがら砂漠へと逃げ延びる。しかし、トミーは地雷を踏み足を吹き飛ばされ死亡。マイクも地雷を踏んだ姿勢のまま動けなくなってしまった。ようやく、本部と連絡が取れるものの、救援は52時間後になるとのこと。マイクは一人砂漠で動けないまま救助を待つのだが……。

どこかに閉じ込められるとか、一人取り残されるってのはよくあるシチュエーションだけど、まったく足が動かせないってのは、あまり見ない。これがかなり怖い。
案の定、主人公にはさまざまな試練がやってくる。
砂嵐が来て、話の通じない現地の老人が来て、夜になって暗闇に包まれて、唸り声を上げた獣が襲ってくる。
ほとんど絶体絶命だ。でも、ここまでは序の口。この映画の真骨頂はここから始まる。

次にやってくるのは、精神的な崩壊だ。
主人公は幻覚に悩まされはじめる。幻覚は誘い、時に勇気づけ、そして罠に陥らせようとする。
その姿が本物なのか幻覚なのか、判断がつかないだけに恐怖もひとしおだ。

でも、まだ終わらない。
さらに続いて、自分の内面の崩壊がはじまるのだ。
自分でも隠していた秘密のトラウマが、幻覚を伴い、徐々にむき出しにされていく。
主人公は過去を追体験し、無理やりに自分と向き合わされる。
どの場面でも主人公は何かを踏み込む。そこで地雷のスイッチが入る音がするのが強烈に怖い。

何が現実で、何が幻覚なのか。
いま起きているリアルな現状はどうなのか。
もう主人公だけでなく、観ているこっちにもわからない。
そのなかで、すべてをさらけ出した主人公が最後の一歩を踏み出す。

普通に考えたら、最後のオチは「そりゃないだろう」ってツッコミたくなるところだが、そこまでの過程があまりに壮絶なので、観ていてまったく違和感を感じないし、むしろ納得すらさせられる。
いやあ、単なるサバイバルホラーとは一線を画した、とんでもない作品だった。

※ほか、ちょっと。
・ほぼ一人で演じ切っているってのもすごいよなぁ。
・あの老人すら幻だったんじゃないか、という気にすらさせられる。
・美しいラストシーンも「目が覚めたりするな!」って気持ちで観ていた。
・地雷の直後に音が消えたり、違う場面で同じポーズをとってたりする演出もさり気なく上手い。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.