ヒメアノ~ル

2020年05月17日
0
0
おススメの一本
72点

吉田恵輔が監督した古谷実のマンガを原作とした森田剛主演の恋愛スリラー。

ヒメアノ~ル

「ヒメアノ~ル」予告編

お人好しで冴えない岡田は、ある日、バイト先の中年先輩、安藤から恋の相談をされる。喫茶店で働くユカとの恋の橋渡しをしてほしいというのだ。しかたなく喫茶店に向かった岡田は、そこで高校時代の同級生、森田と再会。かつて壮絶ないじめに遭っていた森田は、おとなしい青年になっていた。その後、ユカに告白された岡田は、安藤に内緒で付き合うことに。そこで、ユカに森田にストーキングされている事実を聞き……。

コメディタッチの台詞劇でスタートしながら、途中からシリアスな殺人劇になる。その変化の仕方がすごい。
さっきまで笑って観ていたはずなのに、いつの間にか背筋も凍るような話になっていて、しかもそこに違和感がない。
森田剛の迫真の演技が、さらに映画に拍車をかける。

へらへらとしながらも、平然と人を殺して回る森田のすさまじいほどの狂気。
森田という怪物が生み出された背景のエグさ。
どれもが重すぎるほど重く、観ている人間の心に重くのしかかってくる。
にもかかわらず、森田に同情できないようになっているのが、またすごい。

初めて「冷たい熱帯魚」を観た時と似たような恐ろしさを感じた。
人間は怖い。

※ほか、ちょっと。
・森田剛の演技はトラウマになるレベルなのでご注意を。
・最後までゆるさとシリアスさを同居させた吉田恵輔もすごい。
・ムロツヨシが生き生きとしていた。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.