こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

2020年05月22日
0
0
おススメの一本
74点

筋ジストロフィーだった鹿野靖明とボランティアたちの生活を描いた映画。

こんな夜更けにバナナかよ



医大生の田中は、ボランティア活動で、体が不自由な鹿野と出会い、彼の自由な生き方を応援したいと思う。ある日、鹿野に頼まれて新人ボランティアへのラブレターを代筆することになった田中だったが、その相手は自分の恋人の美咲で当惑してしまう。それ以来、美咲も交じり、ボランティアに囲まれた鹿野の自宅生活が始まるのだが……。

大泉洋の当たり役だと思った。
身体が動かないのに高飛車でワガママ、それなのに憎めないっていうのは彼だからこそ出せた魅力だと思う。
観ていてとても心地いいし、そのユニークさにも、思わずニンマリさせられる。
一方で、手術後に声が出なくなるのを自力で克服してしまったり、ひたすら生きようとする姿もしっかり伝わってくる。
これもまた役者・大泉洋の真骨頂だった。

それを受ける高畑充希も、三浦春馬も素晴らしい演技で応えている。
特にタイトルにもなってる、深夜にバナナを買い求め走りまわるシーンは最高。

実話かどうかは置いておいても、映画として面白かった。
なんかじーんとするのも忘れて楽しめる、いい映画だ。

※ほか、ちょっと。
・おそらく本物の鹿野さんも魅力あふれた人だったんだろうなぁとは思った。
・シリアスな部分を淡々と受け持っている原田美枝子もいい。
・タイトルに「愛しき実話」って入れなくてもいいんじゃないか。なんかこれは嫌だ。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.