サイコ

2020年06月03日
0
0
観ておきたい一作
80点

ヒッチコックの最高傑作とも言われるサスペンススリラー。

サイコ



借金を理由になかなか結婚に踏み出そうとしない恋人のサムに、マリオンは苛立ちを募らせていた。そんなある日、彼女は会社で顧客の金4万ドルを預けられる。魔が差して金を持ち逃げし、サムの下へと車を走らせてしまうマリオン。しかし、途中で大雨に降られ、彼女はさびれたモーテルで一泊することになる。そこで若主人のノーマンと話し、気持ちを変えたマリオンは家に戻って金を返そうと決意する。ところがその晩、彼女は何者かに殺害されてしまう。一方、姉の行方を追ってきた妹のライラは、サムと金を取り戻すために派遣されてきた探偵のアーボガストと協力し、マリオンがモーテルで消息を絶ったことを突き止める。しかし、その直後、モーテルを探りに行ったアーボガストの行方がわからなくなり……。

「最高傑作」とか言われている作品って、結構な確率でそうでもないことが多いんだよなぁ。
とか思って観ていたのですが、これに関しては本当に「最高傑作」と言っていいと思いました。

とにかくストーリーテリングが斬新。
どんどんと主人公が死んでいく、というのは、いま観ていても衝撃です。
マリオンから始まり、彼女をどんな恐怖が襲うのかとドキドキしていたら、彼女は死んでしまう。
で、ノーマンが主人公の話になるけど、これは急に終わってしまう。
次の主人公はライラと思わせておいて、探偵のアーボガストに。でも、彼も殺されてしまう。
まったく先が読めない、というか、主人公が読めない。これはすごい。

でもって、ようやく話が見えてきたと思ったところで、新たな謎を投入。
またまた頭の中が???でいっぱいになる。
一時も観客に安心感を与えない、油断させてくれない、スリリングな映画だ。

謎解きもラストも、あの時代によくこんなこと思いついたな、と思うぐらい新しい。
そのうえ、冷静に考えれば考えるほどに恐ろしくなっていく。
スリラー映画の真骨頂であり、最高の到達点。評価が異常に高いのも納得だ。

あと、さり気ない部分でもいろいろと工夫を凝らしているのは面白いと思った。
例えば、恐ろし気なBGMが流れるけど、何も起こらない、とか。
サムの設定が、バツイチで結婚に乗り気でない、とか。
いちいち上手い。

※ほか、ちょっと。
・ノーマン役のアンソニー・パーキンス、怖いです。
・マリオン役のジャネット・リー、美しい。
・ヒッチコックはホテルのドアマンのとこにいた(気がついた)。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.