閉じる日

2014年03月01日
0
0
こりゃいまいち
11点

いまや(2007年1月現在)、日本メジャー映画の若手トップランナーの感のある、行定勲監督の中編映画。

tojiruhi.jpg


2人暮らしをする、作家の姉と高校生の弟との関係を「性」を中心テーマに描く。

なんだけど、まずお話が「こういうお話でいこう」というあざとさみえみえで気に入らない。でもって、脚本がもろに書き言葉でこれも気に入らない。さらに出てくるシーンが、いかにもなイメージばかりでこれまた気に入らない。もっと言えば、役者さんが台詞棒読みで気に入らない。

僕は基本的には「映画」の時点で、どこかしらは好きになりたいと思っているのですが、この作品はまず「映画」になっていない気がしました。
意図的なんだろうけれど、わざと露出オーバーにして白をトバしている画面にもいらいらした。
いくらきれいなイメージビデオでも、延々と80分はやっぱりきついと思う。

人によるとは思うのですが(イメージ性の強いものが好きとか)、僕は正直ダメでした。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.