銀河鉄道999

2014年03月13日
0
0
傑作と言っていいと思う
85点

テレビアニメでもヒットを飛ばした、松本零士の大人気原作漫画のアニメ化作品劇場版第一弾。

gingatetsudo999.jpg



機械伯爵に母親を殺された星野鉄郎は、復讐のためみずからも機械の体を手に入れると決意する。そんな矢先、謎の女性メーテルが現れ、彼に一枚の定期を手渡す。それは機械の体をくれる星まで行く銀河鉄道999の定期だった……。

たぶん説明なんて必要のないだろう、超有名作品の劇場版を、いまさら観なおしてみました。やっぱりいい。すごいいい。どこがとか、何がとかではなく、ただこれだけで素晴らしい。

そりゃあ、音楽を使い過ぎだったり、鉄郎がやけに格好よかったり、短いので旅の雰囲気がかなり削られてしまっていたり、とかいろいろ言おうと思えば言える映画なんですよ。
でも、そんなの吹き飛ばしてしまうくらいのパワーがあり、勢いがあり、完成度がある。

懐かしさをさっぴいてもしびれました。
さらに、いま観てもまったく古びてないことに驚きました。

これはもう伝説の作品だと思います。
誰がなんと言おうとそう思います。

※あとはどうでもいいことを。
・アニメ版のラストシーンを映画の方だと勘違いしていました。あそこはアニメ版の方が秀逸だと思います。
・いま観てもメーテルはトラウマになるほどきれいだ。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.