キッズ・リターン

2014年03月14日
0
0
まぁまぁ面白い
65点

いまや日本を代表する監督となった北野武が描く青春映画。

kidsreturn.jpg



学校をサボって自由気ままに悪さを繰り返すマーちゃんと、彼を慕って一緒に過ごすシンジ。そんなある日、マーちゃんはボクサーにぼこぼこにされたことからボクシングを始めることを決意する。だが、一緒にはじめたシンジの方が強くなってしまったため、マーちゃんはボクシングを捨てやくざへと転向するが……。

よくある青春映画とは一線を画した内容で、観ていて心がじくじくと痛みます。青春っていうのは、言うほどいいものでもなく、結構辛い現実とセットです。そういう実態がありのままに描かれているといった感じでしょうか。

成功する人間なんてほんのわずかしかいなくて、実際は妥協したり諦めたり挫折したりする人間がほとんど。でも、それでもみんな生きている。
うむ。考えさせられる映画でした。

それと北野監督の作品を観ているといつも思うんですが、この人、間の取り方が独特です。普通は間を取るようなところで間を取らず、間が入らないようなシーンで妙な間を取る。それがとても独特な雰囲気を生み出していて、ぞくぞくします。好きな人にはたまらない「間」なんではないでしょうか。

あと、デビュー作とは思えないほどの落ち着きで見せる安藤政信さんの演技が素晴らしかったです。
ボクシングシーンもよい。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.