パニック・ルーム

2014年03月14日
0
0
普通に楽しめた
50点

ジョディ・フォスター主演のサスペンス映画。(テレビでやってたので観ました)

panicroom.jpg



離婚したばかりのメグは病気の娘サラとともに、パニックルーム(避難室)付きの新しい家に引っ越してくる。ところがその晩、強盗が押し入ってきて、サラとメグはいきなりパニックルームに避難することとなり……。

宣伝やパッケージからするとホラー要素の強い作品のように思えますが、じつはそうではないというのがこの映画の見所だとみました。ポイントは強盗の三人。間抜けと人のいい奴と殺人鬼の強盗トリオが見ていてなんか笑えるのです。

ラストは、結局、悪事は上手くいかず、悪い奴には罰があたるという、いかにもハリウッド的なものなのですが、それでも許せてしまうのはこの犯人たちのキャラ設定が勝っているからではないでしょうか。

ちなみに怖い映画ではないので、怖いもの嫌いな方でも大丈夫です。

※あと、あれこれ。
・最後のちょっと前に、外にいる犯人をメグが見つめるシーンがあるのですが、ここの意味がよくわかりませんでした。
・娘役の女の子が少年のようでとても格好いいです。
・ある意味、とてもドリフ的な映画でした。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.