マッハ!

2014年03月17日
0
0
心が震えました
70点

ムエタイをふんだんに盛り込んだアクション映画。(テレビでやってたので観ました)

mach.jpg



孤児のティンは出家を目指し日々ムエタイの訓練に明け暮れていた。そんなある日、村の神聖な宝である仏像の頭が盗まれ、それを取り返すべくティンは単身バンコクへと向かうことになる……。

物語もキャラクターもギャグもテンポもアクションも、すべてが全盛期の香港映画を思わせる作りになっています。なので、80年代ジャッキー・チェンの映画が好きな人にはきっとたまらないはずです。

僕は、観ていて素直に「ジャッキー映画の再来か」と思いました。カンフーとムエタイという違いはありますが、(アクションだけでなくすべてにおいて)正式にジャッキーを継がせてあげたい気分です。

また、ワイヤーアクションを使わない生身のアクションの心地いいこと。
このアクションを観るだけでも価値があります。

ホント、とても気持ちのいい映画でした。

あ、ひとつだけ。
ラストがちょっとよくわかりませんでした。
個人的には香港映画を見習って爽快にして欲しかったです。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.