TOKYO!

2014年03月19日
0
0
観なきゃよかったよ
30点

世界で活躍する外国人監督三人が「東京」を舞台に撮ったオムニバス作品。

tokyo!.jpg



「インテリア・デザイン」
駆け出し映画監督アキラと恋人のヒロコは一緒に上京し、すぐに部屋を見つけるという条件で同級生の部屋に転がり込む。だが、なかなか部屋は見つからず……。

「メルド」
ある日、マンホールから謎の怪人が現れ、東京はパニックに。やがて、怪人メルドはつかまり、裁判が開かれるのだが……。

「シェイキング東京」
10年間引きこもり続けている男はある日ピザを届けに来た美少女に恋をしてしまう。そして男はついに決意し、少女に出会うため家を出る……。

監督は「恋愛睡眠のすすめ」のミシェル・ゴンドリー、「ポンヌフの恋人」のレオス・カラックス、「殺人の追憶」のポン・ジュノ。役者は藤谷文子、加瀬亮、大森南朋、石橋蓮司、香川照之、蒼井優、竹中直人。主題歌はHASYMO。
とものすごい豪華で贅沢なのですが、そのわりにはかなり消化不良な感じの映画です。

やはり短編作品というのは長編とは作り方そのものが違うんだなぁと思わされます。アイデアとセンスとノリとコンパクトにまとめる上手さ。たぶん、短編に求められるのはそういう力で、じっくり見せる長編とは違うのでしょう。

長編の素晴らしい監督でも、いい短編が撮れるとは限らない。企画、人選等、とても実験的で面白そうだっただけにがっかりでした。

※それでも、蒼井優さんの可愛さは一見の価値ありでした。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.