女工哀歌

2014年03月21日
0
0
そこそこ楽しめた
60点

中国のジーンズ製作工場の実態を追ったドキュメンタリー。

jyokoaika.jpg

農村で生まれたジャスミンは、16歳になり工場で働くことを決める。だが、そこには、過酷な労働が待っていて……。

悲惨な労働状況、という点で捉えられそうな映画ですが、描いているのはそういう点よりも、むしろ少女たちの青春でした。
どんな場所でどんなことをしていても、そこに人がいるかぎり「人生」や「青春」があります。それは、とても楽しげに見えるものです。

確かに工場の現実はとても厳しいと思います。
(休みがなかったり、給料がでないなど)
でも、それにもめげずに働く女の子たちが素晴らしい。

ドキュメンタリーとしてはちょっと嘘くさい部分も目立ちましたが、青春映画としていい出来だと思いました。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.