ファニーゲーム

2014年03月02日
0
0
観ておきたい一作
85点

「こんな救いのない映画はない」という文句で宣伝をしていたドイツ映画(たぶん)。

funnygames.jpg



静かな湖畔に引っ越してきたある家族のもとに、「卵を貸して欲しい」と二人の青年がやってくるのだが……。

怖い映画というのはいろいろあるが、これほど怖いと思ったのは久し振りだった気がする。本当に観ていて嫌になるくらい怖い。それも「もう観てられない」とか「驚いた」とかいう怖さでないからたちが悪い。
もし自分がこんな状況に陥ったら、と考えさせられ、その結果やっぱりどうにもできないよ、と思わされてしまう。それも怖い。

後半、突然メタフィクションみたいになってしまう部分がちょっとだけ気になったが、それも邪魔というほどではなかった。
とにかく全編に嫌な雰囲気が漂う映画。こんなの考えた脚本・監督はとても嫌な奴なんだと思う。面白かったけど。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.