悪夢探偵2

2014年03月30日
0
0
こりゃいまいち
30点

日本の奇才、塚本晋也の描くシリーズ2作目。

akumutantei2.jpg



他人の夢に入るという特殊能力を持った影沼京一。彼の元にある日、女子高生の雪絵が助けを求めてやってくる。その相談は「不登校になった同級生の菊川が夢に現れる」というもの。だが、影沼は相談を無視。そんななか、雪絵の同級生で同じように菊川の夢を見ていた睦美が原因不明の死を遂げて……。

前作がとてもよかったので期待して観に行きました。
が、なんか全体的に消化不良な感じ。

一番の難点は、ストーリーがとてもわかりづらい点にあります。監督自身が言っているように、どうも二つの物語を無理矢理にくっつけて一つにしてしまったらしく、そこがとてもわかりづらい。というか、別々に描けばよかったのに、という感じ。

また、前作にあったような「夢を見ると死ぬ」みたいな絶対的な怖さの要素がないので、緊張感があまりないのもどうかと思いました。

演出面ではこれまでの塚本節を抑えに抑えて、すべての面で新しいことをしようとしています。なので、塚本晋也の他の映画が好きな人にはやや物足りないかもしれません。

前作が塚本晋也の集大成だとしたら、これは塚本晋也の新しい模索。上手くいってはいないと思いますが、この姿勢は買います。次に期待です。

※ほか、ちょっと。
・松田龍平の「いやだいやだいやだ」は最高。いつまでも胸に残る。
・マントがビニールみたいなのになったのはちょっとがっかりでした。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.