ヴィレッジ

2014年04月01日
0
0
普通に楽しめた
60点

「シックス・センス」のM・ナイト・シャマラン監督が撮ったミステリー系ホラー。

village.jpg



人知れず存在する森のなかの小さな村。その村の人たちは森に魔物が住むと信じ、森に近づくことも村を出ることもしなかった。だが、村の青年ルシアスは森の外に興味を覚え、森に入りたいと強く願う。そんな矢先、痴情のもつれからルシアスが刺され、彼を救う薬を手に入れるため、盲目の婚約者アイヴィーが心ならずも森の向こうの町へと旅立つことになる……。

オチのインパクトという点ではやや弱いのかもしれませんが、お話自体はとてもよくできていると思いました。
こういう話なら実際にあってもおかしくないし、またそれはとても興味深いテーマだとも思います。

が、撮り方が「謎かけ」に近いのでややうんざりする点もあり。そういう風に仕掛けられると、観る方もそういう態度で観てしまいます。で、観終わった後に残るのは「なんで?」「あそこ、違うんじゃない」という感想。

シャマラン監督はわりと作品に「謎」を求められることが多いので、しかたなくそうしているのかもしれませんが、これはそう撮らなくてもよかったんではないでしょうか。

もっと単純に、優しい人たちの話として観てみたかったです。

※ほか、いろいろ。
・アイヴィー役の女性がとても可愛らしい。と思ったらマンダレイの人だった。あっちもきれいだったけど、気づかなかった。
・途中、2シーンほど驚かせ系のホラー演出があります。いらない。
・突っ込みどころが結構ありますが、突っ込まないで観るのがこの映画の正しい見方だと思う。
・警備員のケヴィンにいちばん優しさを感じた。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.