レディ・イン・ザ・ウォーター

2014年04月02日
0
0
普通に楽しめた
55点

M・ナイト・シャマラン監督のファンタジー映画。

ladyinthewater.jpg



プール付きアパートの管理人を務めるクリーブランドは、ある晩怪しい人物を見つけ、その人を追ううちに誤ってプールに転落してしまう。やがて目覚めた時、目の前にはストーリーと名乗る裸の少女が。しかも彼女は自分のことを水の精だと語り……。

大きな難題をクリアするために、知恵を出していろんな人を巻き込みながら解決にあたる、というある意味ロールプレイングゲームのような映画です。
こういう映画って80年代にはよく見かけたような気がしますが、いまはあまりないので、ちょっと新鮮で、かつ懐かしい感じがしました。

シャマラン監督にしては珍しく、謎がメインでなかったのも逆によかったです。

あと、女の子の名前が「ストーリー」だったり、途中でややメタ的な物語の作り方の話が出てきたり、書き手の覚悟を試されるシーンが出てきたりするあたりには、監督のこだわり(思い入れ?)を感じました。
もしかしたら、こういう部分は邪魔だと感じる人もいるかもしれませんが、僕はあってよかったと思います。

こういうおとぎ話のような映画もいいものです。

※ほか、ちょっと。
・ストーリー役をプライス・ダラス・ハワードが演じているのですが、あまり可愛く見えません。ずっと、気づきませんでした。
・監督自身、作家役で出演しています。
・DVDになんか変なアメリカドラマの一話が入っているのは勘弁して欲しいと思いました。そんなの入れるなら予告編を入れろ、と。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.