愛に翼を

2014年04月02日
0
0
普通に楽しめた
60点

「ロード・オブ・ザ・リング」のフロド役で有名なイライジャ・ウッド主演のハートフルストーリー。

ainitsubasawo.jpg

10歳のウィラードは夏休みの間、田舎に住む母の友人リリーの元に預けられることになる。だが、リリーと夫のベンとの仲はどうも上手くいっていない様子。それでも、ウィラードは戸惑いながらも隣人のビリーと親しくなるなど徐々に生活に溶け込んでいく……。

お話自体は、典型的な少年のひと夏の物語ものです。
少年が夏休みを経て成長し、同時に少年を迎えたことによって他の人たちも成長する。うん。よくあると言えばよくある物語。

ですが、いま観るとキャストに驚かされます。
なんたって、主演がフロドのイライジャ・ウッドで、
親友の女の子が「アメリカン・ビューティー」のソーラ・バーチ。
もちろん、どちらも完全に子役です。

こういう見方はいけないんでしょうが、でも「いま、こんなキャスティングはできないよなぁ」とか「こいつら、子供の頃から俳優やってたんだなぁ」とか「面影あるなぁ」とかついつい思いながら観てしまいました。

なんか、そういう意味では内容どうこうでなく時代を感じさせる作品です。
いや、内容もちゃんとしててよかったとは思いますが。

※ほか、ちょっと。
・この時点ですでにもうソーラ・バーチは「生意気で背伸びをしている女の子」という役を振られています。ずっとそういう役をやってきたのね、とあらためて思いました。
・イライジャ・ウッドはこの頃から弱々しい感じです。
・ふと思った。アメリカ人ってそんなに牛小屋でセックスしてるもんなんでしょうか。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.