鉄男Ⅱ

2014年04月02日
0
0
まぁまぁ面白い
65点

塚本晋也の名前を一躍世界に知らしめた「鉄男」の続編。

tetsuo2.jpg



平凡な会社員の谷口は妻と息子との幸せな生活を送っていた。そんなある日、謎のマッチョ集団が現れ、彼の息子を攫っていってしまう。怒りに駆られた谷口は、自らの体が人間凶器と化していくのに気づき、変身した状態で彼らを追う。だが、凶器と化した彼は正気を保てず、息子の命まで奪ってしまい……。

内容は「鉄男」とほぼ同じで、そこに物語や設定を細かくつけていったという感じの作品になっています。
その分、前作よりはややわかりやすくなっているとは思いました。

ただ、この頃の塚本作品にはイメージ先行の部分が多く、観ていてやはりよくわからないところも多数出てきます。それを無視してイメージだけを楽しめるなら、とても面白い映画です。

なんにしても、ややもすればキワ物になってしまうような物語と題材を、立派に「見せる」ものにしているのは、やはり塚本監督のセンスと才能なのでしょう。

毎度のことながら、そこは素直に感心しました。
好き嫌いは別にして、世界中の監督に衝撃を与えるだけのことはあります。

※ほか、ちょっと。
・もはや鉄ではありません。なんかすごいことになっています。
・個人的には物語性を手に入れてからの塚本作品のほうが好きです。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.