リリィ・シュシュのすべて

2014年03月01日
0
0
おススメの一本
90点

映像の芸術家・岩井俊二の代表作とも言える作品。

41VnuXaYDYL_SL500_AA300_.jpg



いじめや援助交際、学級崩壊などを題材にしていて、とにかくひたすら息苦しい。まったく前が見えない闇の中、それでも進まなくてはならずしかたなしに前に足を踏み出したら、死体があって、踏んでしまった、という感じ(すみません、わかりづらいです)。

知り合いは「希望がまったく見えない作品」と評しましたが、それはそれで言い得ているのかもしれないなぁと思う。

実際の中学生がこれを観たら何を思うのか聞いてみたい。同じ閉塞感を感じるとしたら、現実だけにそれはあまりに辛すぎるんじゃないだろうか。

岩井俊二の美しい映像は、逆に苦しさを際立たせる。いい悪いを超えてすごい作品だと思う。間違いなく心に何かが残る。観ていない人はぜひ。

ある意味で、裏スワロウテイルです。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.