サマーウォーズ

2014年05月18日
0
0
アニメ好きならおススメ
65点

時をかける少女のスタッフが再結集して作り上げた新作長編アニメ映画。

summarwars.jpg



高校生の小磯健二は、学校のアイドル的な先輩、夏希の依頼で夏休みにあるアルバイトをすることになる。そのバイトとは、夏希の恋人の振りをして実家に帰ること。ところが、夏希の実家は長野の旧家の大家族で、健二は戸惑うばかり。しかも、健二が陣内家に滞在中、なぜか全世界をつなぐネットワークOZが混乱を起こし、犯人として健二は指名手配されてしまい……。

最近は原作物のアニメばかりが出回っているので、オリジナルでこういうのを公開してくれるのは嬉しくてたまりません。
しかも、きっちり作ってくれているアニメとなればなおさらです。

ただ、これに関しては三つ言いたいことがありました。
まずひとつは、話が大きすぎること。
世界の崩壊ってのはやっぱりやりすぎだったのではないかと単純に感じました。特に陣内家を細かく設定して描いているだけに余計にそういう気がします。

で、二つ目はその陣内家の登場人物が多すぎること。
シリーズ物のアニメならいざ知らず、二時間でこの登場人物の数は明らかに多すぎます。作品はかろうじてすべての人をわかるようにはしていますが、それでもさすがに感情移入はできません。もう少し焦点を絞ってもよかったのではないでしょうか。

最後の三つ目はラストがくどすぎること。
これでもかこれでもかという展開は、逆にちょっとしたうんざり感も生みます。なんだか流行の少年漫画の「主人公対敵キャラ(敵キャラを倒すものの進化してどんどん強くなる)」を読んでいるようで、僕は個人的に気に入りませんでした。

と、いろいろ書きましたが、ここには僕の偏見が入っていることだけは一応お断りしておきます。
というのも、僕はアニメ版の「時をかける少女」が大好きなのです。
なので、どうしてもあれと比較して観てしまう部分があるのです。
あと、やたらとやっていた日本テレビの番宣番組を見てしまっていたことも合わせて書いておきます。
やっぱり映画は前知識なしで観ないと純粋には楽しめません。

※ほか、ちょっと。
・声優陣は素晴らしかったです。特に神木隆之介くん、富士純子さんのよさと言ったら、言葉にできません。
・途中で予想もしていなかった展開を迎えます。これはいいのか、とちょっと疑問にも思いました。
・予告編でいいシーンを使いすぎです。あれは他に作りようがあったのではと強く思います。(むしろOZを中心に予告編を作ればよかったのではないでしょうか)
・ここまで言いましたが、とてもいい映画なのです。一緒に行った人もすごく気に入っていました。いい映画なのです、本当に。
・仲里衣紗の使い方があんまりだと思った。真琴なのに……。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.