ラブファイト

2014年06月19日
0
0
まぁまぁ面白い
45点

北乃きいと林遣都が主演する、大沢たかおのプロデュース映画。(テレビでやってたのを観ました)

lovefight.jpg



幼い頃からいじめられっ子だったミノルは、いつも幼なじみの女の子アキに守られていた。だが、そんな自分に嫌気の差していたミノルは、自分を変えるためにジムでボクシングを習い始める。目的はひとつ。「アキを倒すこと」。そんなある日、アキがジムに現れて……。

どうってこともないと言えばどうってこともない、でも、とても爽やかではある青春映画でした。

ジムの会長と元恋人との関係や、ミノルとガールフレンドとの関係など、この映画ではさまざまなことがミノルとアキの関係以外にも描かれます。それが、この上なくきれいに物語にはまっていて、単純に上手いなぁと思えます。なんと言うか、穴がない。

ただ、逆にその穴のなさが残念な映画でもありました。

面白い映画っていうのは、決まってドーンとくるものがあって、それは完成度とは全然別の「何か」だったりします。
それが、この映画にはほとんど見られません。

変にこじんまりと完成してしまった映画だと、僕は感じました。

つまらなくはありません。でも、特別に面白くもない。惜しい映画だったと思います。

※ほか、ちょっと。
・スタントなしのアクションは立派でした。どの役者さんも見事に演じていて、迫力がちゃんとあります。
・林遣都って表情が乏しいよなぁって思ってたんですが、この映画ではよかったです。
・誰がなんと言おうと四角いパンツは反則です。ある意味、そこが一番残念な映画でした。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.