THE 有頂天ホテル

2014年03月01日
0
0
まぁまぁ面白い
70点

日本のニール・サイモンこと、三谷幸喜の集大成的作品。

41PXYW82YXL_SL500_AA300_.jpg



大晦日の晩、ホテル・アパンティの副支配人である新堂は、別れた妻と再会し、自分は売れっ子役者になったと嘘をついてしまう。一方、ホテルは様々な客や従業人でごった返していたが、じつは彼らはそれぞれに問題を抱えていて……。


あるホテルの大晦日の一風景。と内容は言ってしまえばそれだけなのに、とにかくきっちりドラマになっているのがすごい。
シチュエーションコメディ、一幕もの、集団劇、練られに練られた脚本、と劇作家・三谷幸喜の良さが全部出ています。

ただし、それゆえに「舞台にした方がいいのでは」といういつもの疑問が浮かんでしまうのはご愛嬌で。役者さんも皆さん上手なので、何度観ても楽しめるのではないでしょうか。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.