シックス・センス

2014年06月19日
0
0
普通に楽しめた
60点

M・ナイト・シャラマンの名を一躍有名にしたデビュー作。

sixsence.jpg



児童心理学者のマルコムは元患者に撃たれ重傷を負う。やがて、なんとか復帰した彼は、新たにコールという少年を担当することになる。コールは「死者が見える」と語り、周囲から浮いた存在になっている少年だった。そんなコールに対して懐疑的だったマルコムも、彼と接しているうちにそれが真実だとわかっていき……。

ミステリーの世界に「叙述トリック」という手法がありますが、この映画はその叙述トリックを映画の世界に持ち込んだ初めての傑作だと思います。

ラストのどんでん返しの威力はすさまじく、観た人にとんでもないショックを与えます。もちろん、それが活かされているのは、そこまでの丁寧な伏線があればこそ、です。

ものすごい有名な作品なので、オチを知らない人はほとんどいないとは思いますが、もしオチを知らないようでしたら、ぜひ前知識なしに観てみてください。
きっと驚愕するはずです。

残念ながら僕は前知識があった上でこの作品を観たので、それほどショックは受けませんでしたが、それでもすごい作品だとは思いました。この作品後、似たような作品が続々と出ましたが、いまだにこれを超える衝撃というのはないでしょう。(個人的には、唯一「ソウ」だけはそれをやり遂げたとは思っています)

とにかく、一度は観ておきたい作品のひとつだと思います。

※ほか、ちょっと。
・ブルース・ウィリスがまだ結構ふさふさです。
・ハーレイ君はその後パッとしません。子役が成功しないのは、日本も海外も同じなようです。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.