TAJOMARU

2014年08月12日
0
0
こりゃいまいち
12点

芥川龍之介の原作を大幅にアレンジした小栗旬主演の映画。

tajomaru.jpg



幕府の重鎮である武家の次男・直光は、幼なじみの婚約者、阿古姫とともに出世は叶わいながらも幸せな日々を送っていた。ところが、将軍が阿古姫と結婚したものに家督を譲れと言い出したことから事態は一変。長男の信綱が彼女を我がものにしようと動き出したのだ。慌てて阿古姫と山に逃げる直光。だが、彼は山中で盗賊・多襄丸に襲われる。一方、家では家臣の桜丸が謀反を起こしていて……。

一言で言ってひどすぎます。
ここまでひどい茶番劇は観たことがありません。

最初の下手くそな子役の演技から不安はあったのですが、それが青年になっても続いているのには唖然としました。
謀反、裏切り、友情などいろいろ要素はあるのですが、それぞれの人物がまったく描けていないので、ちっとも映画に入っていけません。

さらに輪をかけて悪いのがご都合主義満載の物語とアクションシーン。特にアクションは殺陣とひどい撮り方が相まって、とても見られないものになっています。正直、救いがありません。

唯一、小栗旬とやべきょうすけの出会いだけは興味が持てたのですが、これは「クローズ」を知っているからで、知らない人にはたぶんどうでもいいシーンとなるはずです。

観て損をしたと断言できる作品でした。

※ほか、ちょっと。
・それでも小栗旬は格好いいです。
・作り手は本当に芥川の「藪の中」を読んだのでしょうか。芥川に謝って欲しいくらいのひどい出来です。この多襄丸と藪の中の多襄丸が同一人物とは到底思えません。
・用意されたどんでん返しも興醒め以外の何物でもなかったです。
・黒澤明の「羅生門」という名作があるのに、なんでこんなものを作ったのか疑問です。
・亀山千広は二度と信じまい、と思いました。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.