ALIVE

2014年08月12日
0
0
こりゃいまいち
20点

高橋ツトムの漫画を北村龍平が実写映画化。

alive.jpg

死刑囚の八代天周は死刑を執行されたものの、なぜか生き延び、もう一人の死刑囚・権藤とともに新たな監禁生活を送っていた。そんな二人の前にある日、魔女と名乗る一人の女性が現れ……。

ものすごく薄っぺらい作品だなぁと思いました。
表面上はいろんなことが起こりますし、一応のドラマもあります。が、すべてが表層的なため観ていて深く入っていくことができません。

この感覚、何かに似てると思いながら観ていて、途中ではっと気づきました。これ、まんま東映の特撮映画なのです。
仮面ライダーとか、戦隊モノとかあの類。

あれって、子どもは別にすると、好きな人にはたまらないけど、好きでない人にはどうでもいいものなんだと思うんですよね。

で、僕は好きではないので、この映画もまったく楽しめませんでした。

それでも、北村龍平さんはアクションがすごい、と聞いていたので、そこだけは注目していたのですが、残念ながらアクションもそんなにすごいとも思えませんでした。特にCGを多用しているシーンは、正直安っぽくしか見えません。

これがアニメだったらまた話は変わってきたと思います。が、実写だとやっぱり嘘くさいのです。
ただ、繰り返しになりますが、東映ものが好きな人は好きかもしれません。一言でそういう映画です。

※ほか、ちょっと。
・二重人格(?)の女性を演じるりょうが素敵です。
・主演の榊英雄さんは北村作品の常連らしく、アクションを得意としているらしいですが、僕は彼の弱々しい役のほうが好きです。なかでも「楽園~流されて~」の演技は最高でした。
・出演陣は無駄に豪華です。この辺も東映ものの匂いがします。
・北村龍平はアニメの演出をやったら面白いのに、と思います。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.