SUPER8/スーパーエイト

2014年08月12日
0
0
観ておきたい一作
85点

「LOST」のJ.J.エイブラムスが監督、スピルバーグが製作を務めたSF映画。

super8.jpg



夏休みに自主映画を撮ろうと計画していた中学生のジョーたち5人は、ヒロイン役に憧れのアリスを迎え、期待に胸を膨らませていた。だが、夜中に線路脇で撮影していた彼らは、凄まじいほどの列車事故を目の当たりにしてしまう。しかも、その日以来、町中でおかしなことが起こり始め……。

一言でこういう映画だ、と言い切れない魅力を持った、ある意味ノンジャンルな映画です。
大きくとらえればSF映画。でも、そこには家族の話があり、少年たちの青春物語があり、軍と警察の争いがあり、他にも言えないいろいろな話があります。こういう要素たっぷりの映画というのはえてして欲張って失敗するものですが、この映画では抑えるところは抑えていて、見事なエンターテインメントになっていると感じました。

また、1979年という舞台が素晴らしい。
日本で言うなら「男はつらいよ」や「ALWAYS」を観ているような感覚、になるのでしょうか。とにかく、懐かしく、それでいて全然古く感じない良さがあるのです。
僕はこれを観て、内容とは関係なく「E.T.」を思い出しました。上手く言えませんが、あの映画の人物たちが、そのまま戻ってきたような感じなのです。

特に主役のジョーを演じるジョエル・コートニーは、まさに1979年の少年です。少し古い感じの、ちょっとフランス人ぽい、すごくいい味を出しているのです。

話は突拍子もないような物ですが、それが「リアル」に感じられるというのも「E.T.」に通じると思いました。
これが本当にあった出来事をそのまま映したものだと言われても違和感がない。そんな映画なのです。

人物描写、物語、設定等、どれもが現代的ではありません。が、逆にそれこそがこの映画を輝かせるポイントになっています。
決して新しくはない、けれど他に類を見ない映画です。
劇場で観て決して損しない、と断言できる傑作だと思います。

※ほか、いろいろ。
・主役のジョエル君はこれが映画デビュー作なのだそうです。とてもそうとは思えません。上手い。
・ヒロインのアリス役をエル・ファニングが演じています。この子、じつはダコタ・ファニングの妹さんだそうです。この子も上手い。そしてすごく可愛い。
・良心的な映画と言ってもいいのかもしれません。
・少しだけ「スタンド・バイ・ミー」の香りもします。
・劇中の自主映画は、実際に彼らがアイデアを出して撮ったそうです。それもすごい。
・エンドロールは絶対に見逃せません。
・これ観て、僕ももう一回8ミリで映画を撮りたいなと強く思いました。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.