夜霧の恋人たち

2014年08月13日
0
0
観なきゃよかったよ
30点

ヌーヴェル・ヴァーグの代表的な監督であるトリュフォーが撮ったアントワーヌシリーズの3作目。(テレビでやってたので観ました)

yogirinokoibito.jpg

軍隊に入ったアントワーヌだったが、そこでも不適応の烙印を押され除隊処分にされてしまう。その後、元恋人・クリスチーヌの両親の紹介でホテルの受け付けの仕事に就くが、そこもすぐにクビ。だが、ひょんなことから彼は私立探偵と知り合い、その事務所で探偵として働くことになる……。

「大人は判ってくれない」であんなに魅力的だった子役が、年をとるとこんな風になってしまうんだぁ、というがっかり感がまず何より先にきました。

しかも、描かれるアントワーヌの姿がじつにひどい。
何をやらせてもダメで、使いようのない青年って設定はあんまりだと思います。

話もだらだらとした感じで魅力がなく、その他の人物たちも特に共感を覚えられるようには描かれていません。
なんとなく惰性で作った感じ。
正直、この映画はトリュフォーの駄作だと感じました。

※ほか、ちょっと。
・ラストシーンの唐突さもいただけません。なんと言うか、意味がわからないです。
・この映画を観ると、逆に「大人は判ってくれない」がどれだけ素晴らしい映画だったかがわかります。
・この先、ジャン・ピエール・レオーはどうなっていくのか。心配でなりません。でも、残り2作品、観てみようと思います。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.