インシテミル 7日間のデス・ゲーム

2014年08月25日
0
0
まぁまぁ面白い
45点

米澤穂信原作のミステリーを「リング」などを手掛けた中田秀夫が映画化。(テレビでやってたのを観ました)

inshitemiru.jpg



時給11万2千円に釣られて10人の男女が集まった。彼らに課せられたのは「暗鬼館」と呼ばれる館で7日間24時間監視の下、過ごすということだけ。だが、二日目に参加者の一人が殺されたことから、彼らは疑心暗鬼に憑りつかれはじめ……。

決してつまらない訳ではないが面白くもない、という最近の邦画によく見られる典型的なダメ映画でした。

出ている人は豪勢なのに、役柄が全然活かされていない。
というか、リアリティがまるでない。
まるで、どこか遠くの国のお話を聞かされているような感じ。
これは演じるほうも大変だったと思います。

さらに言えば、脚本の出来があまりよくない。
複雑な設定をわかりやすくしているのは上手いと思いましたが、いかんせん人物描写がひどいので観るに堪えません。
疑心暗鬼になってゆく流れもすごく不自然で、これで共感しろというほうが無理なような気がします。
しかも、というか、なのに、話がだらだらしていて冗長なのです。

役者さんの演技があったからこそ観られる映画にはなっていますが、これは明らかに失敗作でしょう。
題材は面白そうだっただけに残念です。

※ほか、いろいろ。
・時間つぶしにだらーっと観ているにはいい映画かもしれません。
・藤原竜也さんはいい役者さんなのに役柄を狭められているような気がしてなりません。「デスノート」「カイジ」とこの役の区別が僕にはほとんど付きませんでした。
・武田真治さんはよかったです。
・綾瀬はるかが疑われなさ過ぎだろうよ。
・ラストのどんでん返しもあまり気持ちよくありませんでした。
・これ観ると「ライアーゲーム」ってよく出来た映画だったんだなぁと思います。
・念のために言っておきますが、別につまらない映画ではないです。(観て損した気はしますが)
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.