ヒミズ

2014年08月27日
0
0
まぁまぁ面白い
60点

古谷実の漫画を園子温が実写映画化。

himizu.jpg



両親がともに家から出て行ってしまい、残された中学生の住田は、ひとりで貸しボート屋を営むことになる。そんな彼の願いはただひとつ「普通に生きること」。だが、ホームレスに慕われたり、父親の借金が判明したり、同級生の茶沢にストーカーまがいに付きまとわれたり、と毎日はなかなか普通にならない。しかも、彼はたまにやってきては暴力をふるう父親をたまりかねて殺してしまい……。

原作を読んでいないので映画単体としての評価で。
描きたいことや人物がとてもはっきりとしているので、たぶん気に入る人はとことん気に入るんじゃないでしょうか。
ただ、僕はこれはあまりいいとは思えませんでした。

まず、わざとだとは思うのですが、ラストシーン以外、コミュニケーションがまったく描かれていないのが気に入らない一点。
基本的に会話は一方通行で、返事がある場合は暴力なのです。
それが延々と繰り返されるのは、ちょっと嫌になりました。

それと、震災の話が入り込んでしまっているのがもう一点。
この時期の映画として描かないではいられないという気持ちはわかりますが、それでも敢えて入れないで欲しかったと思います。
だって、震災が舞台で「頑張れ」がテーマじゃ、あまりにもあからさまじゃないですか。

あと、個人的に茶沢のキャラクターが受けつけなかったというのも大きかったです。

それでも、面白い映画であることは認めます。
特に役者陣が素晴らしい。主演の染谷将太くんと二階堂ふみさんは、もう見事と言うしかありませんでしたし、お父さん役の光石研さんも本当によかった。

とにかくひたすら息苦しく絶望的。なのにラストが明るい青春映画です。観て損ってことはありません。大丈夫です。

※ほか、いろいろ。
・園子温はいつからこんなに映画を撮るのが上手くなったんでしょう。永遠のアマチュア監督だと思ってたんですが。
・ラストの「頑張れ」はいいがんばれだと思いました。
・中学生を描いている、というよりは高校生ぐらいじゃないかなぁという気がすごくしました。
・同じテーマなら、僕は「リリィ・シュシュのすべて」のほうがいい出来だと思います。
・茶沢さんのパンツの色は白です。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.