マダムと奇人と殺人と

2014年09月01日
0
0
普通に楽しめた
45点

フランス発のサスペンス・コメディ。

madamutokijintosatsujin.jpg

若い女性が腕を切りとられ殺されるという事件が連続して発生。レオン警視は、解決の糸口を見つけられずに困っていた。一方、バーを兼ねた下宿宿「突撃死」では、そんなことをおかまいなしに、馴染みの常連が飲んだくれていた。そんな中、常連の一人であるおかまのイルマの元に、生き別れた娘がやってくることになり……。

シリアスものにしたいのか、コメディにしたいのかが最後までわかりませんでした。
たぶん、コメディ狙いなのだとは思います。が、それにしては物語が深刻過ぎですし、なによりコメディ部分が面白くありません。
ただ、これはお国柄のせいでもあるんだと思います。
少なくとも、僕の笑いのツボにはまったくはまらなかったということで。

お話自体は面白くなりそうな要素もあるので、シリアスに作ったもので観たいなぁと感じました。
もったいない。

※ほか、ちょっと。
・なんかコントを観ているような感じの映画でした。
・邦題の付け方が酷すぎます。
・イルマの娘、マリー役のジュリー=アンヌ・ロスがいい。「シリアの花嫁」でも思ったのですが、この人、顔も仕草も可愛すぎます。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.