冷たい熱帯魚

2014年09月18日
0
0
おススメの一本
90点

園子温が描く暴力と恐怖の世界。

tsumetainettaigyo.jpg



娘が万引きしたとの連絡を受けた、熱帯魚店の店主、社本は、駆け付けたその場で事態を丸く収めてくれた別の熱帯魚店のマスター村田と知り合う。村田はとても人好きのするタイプで社本は次第に心を開いていった。そんなある日、村田からいい話に乗らないかと持ちかけられた社本は、その話に裏があることを知ってしまい……。

日常的な恐怖っていうのはこういうことを言うのだろう。
なんとなく引きずられ、次第に泥沼に嵌っていく社本。その姿は、とても他人事として見てはいられない。
誰にでも起こり得る。だから怖い。
その怖さを象徴しているのが、でんでん演じる村田だ。
笑顔で人を殺し、暴力的な態度と裏腹な笑顔で人を巻き込んでいく村田。
その二面性と、あまりに自然体なリアルさ。
最初から最後まで本当に怖かった。
傑作。

※ほか、ちょっと。
・園子温はいつからこんなに映画を撮るのが上手くなったんだろう。
・ラストシーンも素晴らしかった。
・エロも結構強いのでご注意ください。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.