アイランドタイムズ

2014年03月03日
0
0
まぁまぁ面白い
60点

フジテレビが製作しためざましムービーの第三弾。

irandtimes.jpg


東京なのに人口が150人ちょっとしかいない青ヶ島。その島では15歳の少年、昌治が島で唯一の新聞「ブルーアイランドタイムズ」を作って配り歩いていた。そんな島にある日、東京からひとりの美少女が転校してくる。どこか影のある少女、夕希。昌治はそんな彼女に恋に落ちてしまい……。

前半は本当にどうなるかと思いました。とにかく、必要のない部分が多すぎて、逆に欲しい部分がないといった感じ。観ていていらいら。さらに棒読みに近い台詞がこのいらいら感を誘い、いらいらいらいら。(ただし、この監督さんの他の作品を観ても同じことを思ったので、これは個人的に感覚が合わないだけなのかもしれませんが)
それが、後半。コンサートのシーン辺りから、がらりと変わります。脚本がとにかくよくなる。さらに役者の演技が光りはじめる。いい。なんだかわからないけど、いい。

心地よくて、ほろっとさせられて、いろいろ考えさせられて、人の優しさみたいなものが伝わってきて、最終的に観終わったあとはとてもいい気分でした。

地味で小粒ですが、とても暖かい気持ちになれる映画です。


ちなみに、これなんで借りたんだろう、と自分でも不思議に思っていたのですが、最後のスタッフロールで判明しました。
アニメ「時をかける少女」で声優をやっていた仲里依紗さんが夕希役で出ています。あのアニメの声が「上手いなあ、いいなぁ」と思っていたので、実物の演技も観てみたかったんですね。(他人事みたいですが)

演技にとても気持ちがこもっていて、仲里さん、よかったです。実物がとても可愛らしい人だったのにもびっくりしましたし。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.