46億年の恋

2014年03月03日
0
0
こりゃいまいち
11点

日本の奇才、三池崇史が描く異色の恋愛映画。

46okunennokoi.jpg



同じ日に同じ殺人罪で刑務所に入所してきたゲイの有吉とひたすら暴力的な香月。彼らはなぜかお互いが妙に気にかかり……。

とても実験的な映画です。が、その実験がわりと「ああとても実験っぽいね」という実験なので、観ていてあまり面白くありません。
モノローグの多用とひとつ舞台での物語の進ませ方、あとはやけに理屈じみた台詞とこれみよがしな照明、説明不足の描写。
ああ、これは舞台的にしたかったんだなぁと強く思わさせられます。
でも、舞台としてもどうかなぁといった印象も受けます。

役者さんの演技がよかっただけに残念です。
もう少し、既成の方法で作った方が面白くなったんではないでしょうか。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.