少年は残酷な弓を射る

2014年12月09日
0
0
観ておきたい一作
80点

イギリスのベストセラー小説を映画化。

shonenwazankoku.jpg



作家のエヴァの息子ケヴィンは、なぜか頑なにエヴァにだけなつこうとしなかった。やがてケヴィンは美しい少年へと成長を遂げる。だが、彼のエヴァに対する態度は変わらないままだった。そして、彼はある日、学校で無差別殺人事件を起こし……。

自分の息子を信じられず怖がる母親の姿がとても怖い。
当たり前のことだけれど、息子だからって自分ではないわけで、こういう関係がないとは絶対に言い切れないのだ。

常に自分を嫌悪し軽蔑するような目で見つめ、敬遠する息子。
その姿を前に平気でいられる母親はいないだろう。
親子の関係を描いた映画は多いが、こういうのは珍しいと思う。
とにかく、終始嫌な気分と緊張感に満ちている。
そこが素晴らしい。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.