ピストルオペラ

2014年03月03日
0
0
こりゃいまいち
30点

日本の奇才、鈴木清順監督が描く殺し屋物語。

pistoru.jpg


殺し屋ギルドランキングNo.3の通称「野良猫」の元にある日、ギルド自体からの依頼が入る。その標的はなんと同じ殺し屋、しかもランキング一位の謎めいた人物「百目」だった……。

「殺しの標的」(?)とかいう作品の続編にあたるらしいのですが、そこのところはよくわかりません。
とにかく出だしがとっても格好いいのが印象的でした。また、映画自体は癖がありまくりです。
まるで絵画のような絵作りに、アングラ芝居のような台詞回しに設定、そして進んでいるのかどうかもよくわからない物語。

独特な映画なのは伝わってくるのですが、受け入れられるかどうかは別問題です。
好きな人はきっとものすごい好きなんだと思います。でも、僕はまったくダメでした。

それでも、出だしはとても格好いいです。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.