戦場にかける橋

2015年03月15日
0
0
普通に楽しめた
65点

いまや古典となった戦争映画。テレビで吹き替え版を観ました。

senjyonikakeruhashi.jpg



日本軍管轄の捕虜収容所にある日、ニコルスン大佐率いるイギリス軍の一団が連れてこられる。所長である斉藤大佐は彼らにクワイ河に橋を建設することを命令。だが、ニコルスンらは将官の兵役は条約違反だとそれを拒む。にらみ合う日本軍とイギリス軍。その結果、ニコルスンの意見を飲んだ形で橋の建設が始まり……。

戦争映画ですが戦闘シーンはほとんど出てきません。
描かれるのは、軍人としてのプライドと人間としての誇りとの間で揺れ動く男たちの心理。これは、とても見ごたえがありました。
敵のために最高の橋を作り、その橋を自ら壊すという、皮肉的な展開も面白かったです。

※ほか、ちょっと。
・早川雪洲の存在感はすごい。
・「サル・ゴリラ・チンパンジー」は名曲です。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.