赤い橋の下のぬるい水

2015年05月15日
0
0
まぁまぁ面白い
50点

巨匠、今村昌平の描く大人のファンタジー。

akaihashinoshitanonuruimizu.jpg

ホームレスの太郎さんから「赤い橋のたもとにある家に金の仏像を隠した」と聞いた笹野は、リストラされて暇を持て余していたこともあり、太郎さんの死後、赤い橋を追って能登半島を訪れる。そこで彼は、体の中に水が溜まってしまうと語る不思議な女性と関係を持つ。やがて、彼女に惹かれた笹野は、その地で漁師をはじめ……。

何と言うかジャンルのまったくわからない映画でした。
コメディと言えばコメディですし、人情ものと言えば人情ものです。
でも、そのどれもに当てはまらないような気もします。
面白いのですがわからない。わからないから面白い。
とんでもなく不思議な映画です。

※ほか、ちょっと。
・強いて言えば落語や怪談話に近いのかもしれません。
・変にリアルなところもあって、それが余計に不思議な感じを醸し出しています。
・観終わった後、変な気分になると思います。きっと。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.