ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

2014年03月03日
0
0
普通に楽しめた
50点

オフ・ブロードウェイで大人気を博したミュージカルを同じ出演者によって映画化。

hedwig.jpg



東ベルリン出身のニューハーフミュージシャン、ヘドウィグ。彼は、かつての恋人で今はロックスターとなったトミーを追いかける生活を送っていた。自分自身を歌い上げ、金のないままライブを続けるヘドウィグ。そんな彼の一生が語られる……。

元がミュージカルだけあって全編「ちゃんと聴ける」音楽がかかりまくりです。基本はロックですが、カントリーあり、バラードありで、誰もが楽しめる作りのように感じました。
また、主人公のヘドウィグのまっすぐさは観ていてとても気持ちよかったです。けなげというのでもなく、素直というのでもない、なんともうまく言えない感じのまっすぐさ。くすっと笑える部分も含めて、頑張ろうって気持ちになれる明るい映画でした。

途中、アニメを使ったり撮り方を凝ってみたりと実験的なこともしているのですが、ミュージカル映画としてはよくできているのではないでしょうか。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.