タワーリング・インフェルノ

2015年10月15日
0
0
観ておきたい一作
75点

パニックムービーの代表作。テレビで吹き替え版を観ました。

toweringinferno.jpg



138階建ての超高層ビルが完成し、最上階で落成パーティが開かれていた。その最中、地下室で火災が発生、同時に上の階でも出火し、火は徐々に燃え広がっていく。知らせを受けた消火隊隊長のオハラハンは人々に避難を指示するが、エレベーターは小さく、避難はなかなか進まない。そこで、オハラハンは、設計士のロバーツの協力を得て、様々な救出方法を取っていくのだが……。

いま見てもまったく色褪せていない、まさにパニックムービーの傑作だと思いました。
いたずらに恐怖を煽るのではなく、淡々と被害が広がっていく様子を描いているのが、とにかく素晴らしいです。
こういうふうに煽られないほうが逆に怖いし、とてもリアルに感じます。
非常時に人々がどういう行動をとるのか、困難をどうやって乗り切っていくのか、という部分が作品の根幹にあり、そこをしっかり描いているのも、面白さに繋がっています。
ちょっと群像劇風であるのもとてもよかったです。

※ほか、ちょっと。
・これって、ワーナーと20世紀フォックスが一緒に作った映画なんでしょうか。そんなことあるのかなぁ。
・人間に火がつくシーンはちょっと違和感を覚えました。こんな簡単に燃えるものでしょうか。
・スティーブ・マックィーンも、ポール・ニューマンもどっちも格好いいです。
・最初から最後まで悪役の人が一人います。この人も人間臭くていいです。
・こういう映画を現代でも撮って欲しいと思いました。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.