ひるね姫~知らないワタシの物語~

2017年03月21日
0
0
アニメ好きならおススメ
60点

『東のエデン』などの神山健治が描くオリジナルアニメーション。

hirunehime.jpg



田舎で暮らす女子高生のココネはいつも決まって同じ世界の夢を見ていた。その世界ではココネは王女、エンシェンであり、機械の世界にも関わらず魔法が使えるのだった。魔法が疎まれ、幽閉生活を強いられるエンシェンと、その夢を見るココネ。そんなある日、父親のモモタローが警察に逮捕されてしまい、ココネも何者かに狙われはじめる。犯人の狙いは、どうやら亡き母親が残したタブレットらしい。やがて、ココネは現実と夢が繋がっていることを知り、父を助けるために東京へと向かうのだが……。

オリジナルな話という点にまず拍手を送りたい。
アニメというとどうしても原作漫画があったり、テレビシリーズがあったりが前提になりがちだが、そうでないところで勝負するのはやっぱりすごいと感心する。
夢と現実が密接に絡み合っているという設定も面白い。

ただ、お話の描き方には疑問を覚えた。
とにかく、夢の世界で起きたことが、現実のどの部分にあたるのかがわかりづらい。
しかも、説明もないまま話が進んでいくので、さらにわかりづらさが増している。
一番まずいと思ったのは、母親の死因がまったく描かれていないところだ。ここはこの映画の肝ともなる部分なので、省いてしまっては魅力も半減してしまう。悪く言えば、設定の都合で死んだことになってるように見えるのだ。

高畑充希、満島真之介、古田新太、高橋英樹、江口洋介ら、本職の声優さんでない方々が、本人と思わせない素晴らしい演技をしていただけに、余計にもったいないなぁという気分が残った(江口洋介が特にいい)。

特別つまらないわけではないけど、いろいろと惜しい作品だと思う。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.