パスト&フューチャー 未来への警告

2019年10月04日
0
0
観ておきたい一作
77点

スペイン発のオカルトミステリー。

パスト&フューチャー




ジョンの親友ダビッドは、彼の元彼女と結婚の約束をする仲だった。ある晩、ジョンは彼女の家へダビッドを送ることになる。途中、コンビニに立ち寄ると、ダビッドはジョンの代わりに買い物してくると告げ、店内に入った。深夜のコンビニ、中にいるのは四人。そこへ急に車が現れ、中で銃声が聞こえる。ジョンは撃たれて意識不明の状態に陥っていた。元彼女のために、事件を調べはじめるジョン。やがて、彼は過去にも同じ日に同じ場所で殺人事件が起こっていたことを突き止める。さらに、ジョンは事件の法則性にも気づいてしまい……。

ほんのちょっと間違えたらすぐに単純なオカルトやおバカ映画になってしまうところを、絶妙なさじ加減できっちりミステリーとして見せているのがすごい。
真相は映画の中で徐々に明かされていくが、それはそこまで見てきた場面ともつながっていたりするので、目が離せない。
観ているうちに「どこが伏線なんだ、もしかしたらすべてが伏線なんじゃないのか?」って気にさせられてしまうのだ。
また、時間軸のずれを持ち込んだ構成も、よりスリリングな感じを増している。精神病を絡めた辺りも、リアルさを増していていい。
(芋虫の出てくるシーンの描写とかは一歩間違えたらギャグなのに、上手いこと効果的に見せている)
スペイン映画らしさも十分にありながら、エンターテインメントとして完成している印象。
ラストに賛否はあるかもしれないけど、僕はこれはありだと思った。面白い。

ほか、ちょっと。
・ハリウッドとかがリメイク権を買いそうな気がしてならない。
・女性の顔が似ているので、途中何度か誰だかわからなくなった。
・わけわかんないけど面白いものが好きな人に特におススメしたい。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.