マレフィセント2

2019年10月23日
0
0
観ておきたい一作
75点

アンジェリーナ・ジョリーが主演した「マレフィセント」の続編。

mareficent2.jpg



フィリップ王子にプロポーズされたオーロラ姫は、育ての親であるマレフィセントをフィリップのいる城に招待する。だが、フィリップの母親、イングリス王妃は人間と妖精との共存に否定的な立場だった。挨拶の席でも否定的な態度を崩そうとしないイングリス王妃。その席で王が倒れたことから、王妃は「マレフィセントの仕業だ」と彼女を追い払い、妖精たちとの戦争の準備をはじめるのだった。

前作が相当に完成された作品だったので、続編の情報を聞いた時には失敗する予感しかなかった。が、そんな思いはすべて杞憂に終わった。
「眠れる森の美女」から作られたマレフィセントの世界観をそのままに、核となる親子の絆もぶらさず、壮大な物語が描かれる。
人間対妖精という状況の中、オーロラ姫とマレフィセントの微妙な立場もしっかり描き、かつ気持ちよく終わらせてくれるのがいい。
ラストのまとめ方が少し強引にも思えるが、圧倒的とも言えるほどのマレフィセントの存在感がすべてを納得させてしまう。

今回の映画がいいのは、悪役となるイングリス王妃を演じるミシェル・ファイファーの演技が光ったからだろう。
彼女の堂々とした気品溢れる、しかし邪悪な姿は、悪役として素晴らしかった。
また、前作で積み上げてきたものを壊すことなく、しっかりと活かしているのもたまらなくいい。
これぞまさに続編のお手本とでも言うべき作品だと思った。
前作好きな人は絶対に観に行ったほうがいい。

ほか、ちょっと。
・オーロラ姫を見つめるマレフィセントの慈愛の表情が本当にたまらない。
・同じくマレフィセントを見つめるオーロラ姫の安心しきった表情もたまらない。
・前作を観ていない人は、観てから行ったほうがより楽しめるはず。これ単体でも面白いけど、魅力が倍増するから。
・男どもがあまりにも弱々しくないですかねぇ。
・エル・ファニング好き、という点を除いても、とてもいい出来だと思う。
・ディズニーにしては結構、乱暴な暴力描写があった。血が出なければいいのか?
・アンジーの存在感は前作以上。もはや人間ではない神のように見える。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.