バンテージ・ポイント

2019年10月28日
0
0
観ておきたい一作
77点

テロリストたちが起こした大統領暗殺事件を、さまざまな視点で描いたアクション大作。

バンテージ・ポイント



国際的なテロリスト対策政策を作り上げることが全世界で決まり、スペインに各国の首脳が集まることになった。アメリカからは大統領が参加。その警護には、かつて身を張って大統領を守った経験のあるトーマス・バーンも含まれていた。多くのメディアが見守る中、大統領がスピーチをはじめようとした瞬間、どこからか銃弾が飛んできて大統領は狙撃されてしまう。慌てるバーンたちをよそに、さらに大きな爆発が続き……。

とにかく仕掛けが上手い。これ書いた人、天才かよってぐらいに上手い。
基本的な話は30分もないのだが、それを繰り返し、違う視点から描くことで、観客にだけ何が起こったのかが明かされていく。
同じ過去を何度も繰り返すループものとスタイルは同じなのに、そこに主人公がいないのだ。
ただ、観客だけが同じ過去を違う視点から見ることを、なかば強要される。

またあの地獄を繰り返すのかという思いもある一方で、そうかそこがそう繋がるのかという発見も毎回ある。
技術的に言うなら、伏線の張り方が異常なほど細かく絶妙。
感覚的に言うなら、まるで自分が神となってタイムスリップしてすべてを見ようとしている感じ。

しかも、仕掛けだけで終わらずに、そこにテロリストやアメリカ政府のやり口、親子の関係、信頼と裏切り、メディアへの皮肉などの要素が自然に盛り込まれているので、観ていて飽きない。あっという間に時間が過ぎる。
たぶん、これは何度観ても面白く感じるだろうなぁと思う。
大作でこういうのを作れてしまうところに、アメリカ映画の底力を感じた気がする。
面白い。

ほか、ちょっと。
・謎解きとかパズルとか好きな人は無茶苦茶ハマると思う。
・「アレックス」も似たような仕掛けで描いている映画だけど、あちらは悲劇がひたすら強調されるタイプ。個人的にはアレックスのほうが好きだけど、人に勧めるなら、絶対にこっちにする。
・日本人の監督だと、内田けんじとかが同じようなことをやっている。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.