蛍火の杜へ

2019年11月08日
0
0
アニメ好きならおススメ
68点

「夏目友人帳」のスタッフが作り上げた短編アニメーション映画。

蛍火の杜へ



小学生の頃、妖怪が住むという山神の森で迷い、狐の面を被ったギンに助けられた蛍。彼女は、それ以来、毎年夏にギンに会いに来るのを楽しみにしていた。ギンは、人に触れられると消えてしまうと語り、蛍も彼に触れることができない。やがて、年月が過ぎ、高校生になった蛍は、ギンに対する恋心を抱えながら、また山神の森を訪れるのだが……。

触れられないという設定と、仮面で表情が見えないという演出が絶妙。
きっと最後はこうなるんだろうなぁとわかりつつも、二人を見守りたい気分にさせられる。
夏の森という舞台設定も雰囲気に合っていてとてもいい。描写も美しい。

ただ、いかんせん尺が短すぎる。
小学生から高校生に至るまでの過程が45分程度というのは、どうしても物足りなく感じてしまう。
中学生の時代とかをもっと膨らまして、長編で描けば傑作になっただろうに、と少し残念に思った。
いい映画なだけに、物足りなさが歯がゆい。

ほか、ちょっと。
・ギン役の内山昂輝の声はイケメンだよなぁ、と常々思ってる。
・2019年時点でいまや売れっ子の佐倉綾音がまだ17歳ってのも驚いた。
・主題歌がスタッフロールより長い、というのは新鮮だった。真っ暗な画面に歌だけが流れているのは妙な気分になる。
・「夏目友人帳」に関しては見たことがないので、わかりません。
スポンサーサイト



ひこくろ
Posted by ひこくろ
フリーでライターをしています。
有名人に会えるとワクワクしてしまうミーハーです。
1000本分の映画をぶった斬ってしまったので、これからはおススメの映画が1000本分溜まるまでやろうと思っています。

※おススメな映画があったらお気軽に教えてください。

Comment 0

There are no comments yet.